2013年発行のエコーに関する本からspeckle とRayleigh 散乱についてのページを抜粋した。コラーゲン線維束の厚みがエコー波長より1/10程度小さければspeckleパターンとしてBモード輝度は扱う必要がある。

1978年の初期の論文でもエコーのBモードとspeckleの関係はレーリー散乱として論じられていた。