We can present wide life science topics to our home page watcher.

New Up Load
——————————————————-

・CT法とMRI法の内臓脂肪評価法の限界とアルゴリズムによる評価に与える影響、またエコーで見る腹膜前内臓脂肪厚(PFT)をMRIで眺めるとどのように見えるか自身の体で調べてみた。
[2014.3.1
]

・自転車ペダリングの途中で両足加圧による血流制限を行うとV02,Vco2,VEなどが増加したという筋代謝性反射を調べた報告(低負荷で高呼気循環応答を実現できるので心臓リハなどに有効か)[2014.1.15]

・2013年の報告で両足加圧により血流制限された自転車ペダリングはHR,SBPを顕著に増加させたという報告(β遮断薬で交感神経を抑制、血流制限が筋代謝反射を介し自律神経の調整に与える影響を調べている)[2014.1.15]

・静脈流遮断が細動脈外膜に終末する求心性神経線維に与える影響(2013.12.30)
・「運動と循環」から関連する解説を抜粋
・Dynamic運動中、強度で総頸動脈血流量が内頸動脈と外頸動脈に再配分される理由(2013.12.30)



・コラーゲン繊維束がエコー波長の1/10程度であればBモードエコーで観測できる輝度情報はRayleigh散乱として扱うべきなのかもしれない
——————————————————————
このエントリーをはてなブックマークに追加