FMDの検査で一番厄介なのは測定に与える食事の影響であろう。もっとも血流のずり応力の刺激で血管内皮細胞から血液中にNOが放出されるため、血液と一緒に流れる食事の栄養分が影響することは容易に想像できる。そこで試験の前被験者は食事が厳しく制限される。ではどの食物が強い影響を与えどの食物がもんだいないのであろうか。驚くことにミネラルウオーターでも産地で影響の程度は異なるようだ。そこで余り知られていない食事の影響を調べた報告を紹介しよう。

このように食事の影響が大きい測定法であるが毎日定期的に測定したらどうなるか2週間近く毎日自分の例で観察してみた。もちろん何も制限は加えず日常の一部を切り取った例である。こう見ると血管内皮の機能は食事や運動で激しく動くと理解できるのである。

赤ワインの影響

紅茶の影響

高脂肪食の影響

市販の商品を調べた例

アミノバリューを調べてみました

ボロホでFMDを測ってみました。

ボロホは粉末です

ポリフェノールの含有量が多いチョコレートを食べてFMDを調べてみました

シトルリンのサプリメントを食してみました。

・シトルリンを食してFMDへの影響を観た報告です

コーヒーを続けて飲みながら測ってみました。

フラバンジェノールのFMD測定を見つけました。

次はジュースを飲んでFMDを測ってみた結果です

マカの効果を観てみました

ノニの粉末とジャムでFMDを測ってみました。

温泉を飲んで見ました。ラムネ温泉です。

ワインは特に高ポリフェノール入を歌ったものを飲んで測りました。

ワインの効果は古くから調べられている

薬効も食事効果も同じとすれば治療薬も食するものとして含める

嗜好品でも喫煙は血管内皮に大きな影響を与える